休みの日は昼から本気を出す

IMG_0100

いい休みにしようと思って朝から頑張ると昼くらいには眠くなってしまうことが多い気がします。
そもそも平日の疲れが残っていてうまく回せていない状態だと思うので、休日はスロースタートにします。

体調悪い平日ってどうしてる?

規定の時間に起きるものの「これはよくないなー」と思ったら、会社に一報入れたあともう一度寝ます。
そもそも睡眠単位が短いので1時間半もしないうちに目がさめます。

調子が悪いときは10時半に起きる感じです。

逆にいえば、10時半に起きるのであれば無理は無いことになります。
※これを応用して、2時間程度早めに基点をもってくることで、体調が悪くても遅刻しない作戦「朝活」を始めました。

朝なんか重要じゃない

朝起きて活動すれば云々というのは、それは「お前がそういのならそうなんだろう。お前の中ではな!」でしかありません。
目はさめているわけなので、そこから頑張って体を起こして活動をはじめるのは平日メソッドでしょう。

休日に重要なのは朝から元気に活動することではなく、平日の疲れを抜くことです。
「平日の疲れが休日にあるなんて平日の過ごし方が悪い」なんていっても解決にはなりません。
平日の疲れを休日に抜くことで平日がやっていけるのなら、それはありです。理想を前提にしてはいけません。

平日のサポートになる休日を送れれば、それは大成功なのです。

就寝時間から逆算する

休日は予定就寝時間にきっちり眠くなれるように調整できればいいわけです。
昼に起きようが夜眠れるのであれば何の問題もありません。

朝からお酒を飲んでも、もちろん朝から頑張ってもいいわけです。
後ろを合わせればいいだけです。

昼から調整に入る

だいたい14時くらいが昼という感じで考えていいと思います。
昼までは適当でいいと思います。

14時に昼寝から目が覚めたというのであれば、夜に眠れるようにするのは・・・そう、運動をすることです。

おすすめは踏み台昇降ですが、私くらいの体力と筋力だと4時間くらいやらないとダメだと分かりました。
つまり、20時くらいに運動をして眠れるようにしようとしたのでは遅いのです。(クールダウンに2時間くらい必要です。)

そうすると寝る6時間前から手を打たなくてはいけません。

朝活を考えると5時半起きなので、寝るのは22時くらいになります。
そこから逆算で6時間だと16時には絶対に何か手を打っておかなくてはいけません。

余裕を持つならば14時くらいからゆるゆると作戦をはじめるのがいいかと思います。

のんびりした休日でも14時からリカバリをかければ、カンペキ休日に早変わりするのです!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク