朝日記「ウツおちでやんす」

新天地で右往左往ああだこうだとやるうちに、ウツが復活してきました。会議で話すときにアウアウという感じになって、超絶不安が募ります。

自宅にいるときに「もう外にでたくない。不安が襲ってくる。」というあの感触が出てきました。

「これは非常にまずい。早く手を打たなければ。」と思った私は、とりあえず、収拾がつかなくなる(自分から連絡ができなくなる)前に、役員に連絡して、ちょっとした精神の安定を得たところです。

初動で無理をすると、あっという間に自力では回復が難しい状態になってしまうので、自分で自分を追い込んでしまわないように、休みを入れていくことが大切だと思っています。

そうはいっても、ここまできてしまうと、同じことをしていたのでは回復できないので、生活サイクルはキッチリ朝型にしながらも、出社時間を減らして、食事を自炊でコントロールし、たっぷり運動をすることにします。

それに加えて、掃除や洗濯もきちんとやって、部屋を清潔に保つようにすれば、自ずと回復に向かうと思います。

まちがっても、貪るように寝て、酒をかっ食らうような生活をしてはいけません。それは自堕落というものです。それをやると真っ逆さまなので、本当に気をつけましょう。(自戒)

計画的に、自分の状態を鑑みて、できる範囲を先に規定してから実行に移すことが、心の安定には重要なことです。

「やらなければならない」で無理があるタスクを押し込めると、当然こぼれるわけですが、スケジュールどころか心身ともに疲弊してしまいます。結局、「余裕をたっぷりもって、計画的にすすめる」よりも、「無理してからダメージからの回復を待つ」ほうが効率が悪くなってしまうということは、ままあることです。

出社を優先するのではなく、もっとモーニングページや瞑想やらをキッチリやって、身繕いも住まいも清潔に保つことを優先させるほうが、今の私には大切なことなのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す