(駄文)帰宅ランしてもっとアクティブな平日を送りたい

こちらは「垂れ流しの雑感」になります。論拠が曖昧だったり、論旨がふらついたりすることもあるかと思いますが、予めご了承いただきたく存じます。

土曜のフットサルで接触したときにアバラをひどく痛めたらしく、階段の昇降にですら差し障りがあるのですが、水泳大会も近く、腕は無理でも足腰と心肺機能だけでも強化しておきたいところです。

ぶっちゃけ、強化したいというよりも、平日に適切な負荷を与え続けている状態こそが、タフのタフたる所以というか、タフっぽいというか、日常生活の中に運動をうまく溶け込ませたいのです。

私はデスクワークメインで、仕事に筋力は必要ありません。

そのかわり、目や肩や腰に、妙な負荷をかけているばかりではなく、気持ちにも負荷をかけてしまっています。負荷というよりも、心が削れると表現したほうが適切でしょうか。

「その歪な生活を補正するためには、削れた心にふさわしいだけの運動の負荷を与えなければ、気分良く睡眠をとったりすることができないのではないか」という仮説のもと、平日に非常に高い負荷をかけようと考えました。

とはいっても、同じ社会人であっても、ウルトラマラソンにでるような市民ランナーは月間600キロを走ったりするので、客観的にみたら、大した距離ではありません。自分史上最高というだけです。

考えているのは途中駅の東大島か船堀のそばのコナミスポーツクラブを着替えポイントにして、自宅まで走るという帰宅ランです。

以前は一之江から走ったりしていましたが(12キロ足らず)、着替えに困ったり、高速を越えるルートの歩道が狭い下り坂で、たまに後方から自転車に追いまくられるといった運動とは関係のないストレスがありました。

それならば、距離が伸びたとしてもそのストレスを解消するほうが、トータルの負荷は低いだろうということで、ジムのある駅からのランを考えたわけです。

距離はおそらく、14キロから16キロ程度で、時間はかかったとしても2時間半程度です。

ここから帰るとしたら1時間近くかかるので、帰宅ランのために余計にかける時間は2時間もありません。

20時あがりで21時から走ると23時半・・・ちょっと遅いですが、定時は18時半なので、「ちょっと遅くなっても全然問題なく走れる」という参考値です。

使えそうなジムは5個くらいあるので、それらを活用して、平日にストレスとのバランスをとる質の高い運動をすることで、もっと前向きに自分を捉え、楽しめる人生にしたいと思います。

要するに「どうせ結婚もできないのだし、体くらいはタフにして、最期まで楽しもうぜ!」ということです。会社も早くやめて独立したいですしね。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す