Child Pages Shortcodeを入れてみた

IMG_0908

そのページの子ページを表示するショートコードが使えるようになります。

ということで導入してみました。
Wordpressの公式に登録されているので「Child Pages Shortcode」と検索すれば一発で出てきます。

日本人が作成しており、「Child Pages Shortcode」公式ページもあります。

使ったのは上のメニューの「動画リスト一覧」のところです。
ディレクトリの代わりに使っている親固定ページが2階層になっていて、親の固定ページを開いても中身が無いのでなにもでてこないという有様となっていました。

以前使っていたテーマでは見出しのようにリストで出ていたのですが、Simplicityではただのカラページです。

プラグインをいれたら、本文に以下の通りに入れるだけです。

あとでサムネイルと抜粋を入れておくことにします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク