予定を立てる前に

まさかの一週間風邪という憂き目にあい、貧乏スパイラルに入ろうとしている。しかもこの風邪は考えられる落ち度がなく、タイミングが悪い不可避の風邪だったとしか言いようがない。

とにかく勤怠。ここを押さえないことには基盤がつくれないので、仕事の中身よりも勤怠を安定させることのほうが重要。とはいえ、勤怠ばかりみていても安定しないのが勤怠なので、ポイントを復習。

  1. 朝活を維持。できればその時間すべてをお絵描き練習に使いたいところだが、つらくなっては意味がないのでほどほどに。
  2. jQueryスペシャリスト。jQuery教育係みたいなことになっているので、これを機に本や公式サイトをしっかり読み込んで、ぱっとサンプルを即興で打ち込める程度には先生感をだす。ポイントは実際のスキル云々ではなくて、すごくできる人感を浸透させること。
  3. 強い肉体。研ぎすまされたとかいうガラスみたいなのではなくて、オールラウンダー・ユーティリティとかそういう感じのタフさ。しなやかで安定感があるけども敏捷性も持久力もある感じ。
  4. 見せる力。自分の進捗や状態を適切に魅力的に見せる。もちろん、常に努力して模索をすることは前提であるが、模索中は他から見ると停滞しているように見えるので、模索を始めるよりも前に、模索に入ることをきちんと表現する。繰り返すが努力していることが前提で、見せ方を工夫するのであって、誇大広告とかそういうのではない。
  5. モチベーションを保つ努力。「こんなに頑張っているのに」とか「これをやってどうなるのか」という気持ちを持ったままではいけない。先駆者や第一線で活躍する人たちの努力の一部を見ただけでも「こんなに頑張っている」という気持ちはなくなるだろうし、目標から逆算した努力なら先行きの不安も和らぐだろう。足下もゴールもきちんと見据えること。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク