梅雨どきの公園散歩

すっかりご無沙汰していて、6月の最終日になって6月最初の「日めくりエピソード」である。なにが「日めくり」かと、自分のブログに突っ込みを禁じえない…。

さて、公園散歩の話である。

近頃はマスクを励行されるため、ジョギングをする気力も起こらず、散歩にたいしても「通勤の代わりの儀式みたいなもの」と思ってしまっていたが、ちょっと思い直して散歩を始めた。

梅雨どきの公園は香りがとても良い。植物が力をためているような匂いがする。実際、心身に影響を与える科学的根拠もあるという。

そんなこと、知っていたはずなのに、なぜ私は散歩をおざなりにしたのだろうか。我ながら理解に苦しむ。

公園での(人が周りにいないことを見計らっての)深呼吸は、ある種の感動すら覚える。これは、よい…。

気が向けば、散歩からジョグに切り替えてもいいが、とにかく外に出て体を動かし、生きていることに感謝をささげることが大切なのだ。それなら多分80歳になってもやれる。

習慣を習慣として固定させ、負荷の上下で日々の生活にフィットさせるという手法を忘れずに、自分と対話していこうと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

コメントを残す