連休のよもやま話

昨日は敢えてお酒を嗜みました。今日まで我慢して「挫折」の形で飲酒するのはまずいし、なにより、出社日にパフォーマンスが下がるのはよろしくないという判断です。

お約束ごととしては、「休日の前日の晩酌は許す」「外食での飲酒は許す」です。

うちの部署には酒好きや飲み会好きはおらず(私以外)、懇親会もメンバーの勤務形態の都合上、昼食会となっているので、会社の宴会なんてありません。外食といったら大概ひとりごはんです。水泳の練習会のあとにごはんに行くこともありますが、それでも月2回が上限です(練習会が2週に1回なので)。

まずはそんなところから始めて、お酒のない生活に体を慣らしていこうと思います。それまで、私の肝臓さん、もうちょっとだけがんばってください。

スポンサーリンク

禁酒して気がついたこと

休日の酒量が増える代わりに食事を全く摂らないという傾向があったのですが、なんのことはない、お酒でカロリーを補給していたのですね。

これでは運動しても体の締まりはよくならないし、そもそも栄養が足りないです。つまり、力も出ないわけです。当然、休日明けの体調は芳しくないでしょう。

お酒を飲まないことでそれに気がつきました。飲んでもいいけどそもそも食えという話です。

折しも、自炊範囲を広げようキャンペーンをしていたため、常備菜はしっかり用意してあります。久しぶりに、休日にきっちりごはんを食べた気がします。

これは大きな収穫です。単にお腹が空いていて、安易にお酒に手を伸ばしていたということです。それだったら、大量にフルーツインヨーグルトなどを買い置きしていたら、休日のお酒の量も減るんじゃないでしょうか・・・ということで買い込みました。

この連休にしたこと

常備菜をたっぷり用意して、ご飯をしっかり食べたほかに、当然いろいろやりましたので、そのご報告を少々致します。

禁酒の離脱症状で、「よく眠れない」ということがあったのですが、つまり昼間が少し眠くなりました。ソファーでだらだらしているとお酒も飲みたくなるので、まずは相変わらずソファーの上ではありますが、Kindleを使って本をひたすら読んでいました。

そこで本を読みまくっているとだんだん疲れてくるので、気分転換に皿洗いをしたり、洗濯物を畳んだり、お風呂に入ったり、キャリステニクス(自重筋トレ)をしていました。

万全な状態で読書を続けるために、気を紛らわせていたら、身の回りも体もスッキリしてしまった感じです。

オモテでは、お馬さんが大障害走ったり、有馬していたりしましたが、自宅で引きこもっている分には多少(?)外が騒がしい程度のことなので、最初の2日は引きこもらせていただきました。

24日はオモテも静かになったのと、今週末にフルマラソンのレースを入れてあるので、それに備えるべく走りに出ました。本当は3時間くらい走っておきたかったのですが、いまの私では補給無しでは2時間くらいが限界なので、ゆっくり14kmほど走って終了としました。

あとはお風呂に入って、マッサージを軽くして、読書をしてごはんを食べて・・・としていたのですが、「このまま終わったらなにか困ったっけ?」と考えを巡らせると、ゲームもアニメ視聴もしていなかったので、とりあえずアニメ視聴をガッツリとしました。

ゲームはできないですが、まあやむなしといったところでしょうか。

もう少しで歯車が噛み合いそう

家事(自炊・掃除・洗濯)と運動(ジョギング・水泳・キャリステニクス)とデスクワーク(仕事・新しいITスキルの習得・その他読書を中心とした勉強)のバランスがもう少しで掴めそうな気がするのですが、なかなか難しいです。

バランスというのは、なんというか、無理して頑張っているのではなくて、かといってとりあえず触っておくだけでもなくて、集中して楽しめている感じ、です。「楽しめている」というのはいささか主観的過ぎて自分に嘘をついてしまうこともあるので、もっと指標的にいうのならば、「このまま死ぬまでずっと習慣として続けられそうな感じ」です。

噛み合ったら噛み合ったで維持が大変というか、おそらくそこからが本番なのでしょうけど(肉体の老いとトレーニングによる成長のバランスを見続けないといけないので)、まずは習慣としてパチンとハマって、無理ムラなく、でもメリハリはついている感じをつかみたいと思ってます。

デキる人はもう十代後半の受験勉強のときにカチッと固まっているのでしょうが、だからといって私が目指さない理由にもなりませんので、せっせと努力を積み重ねていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

コメントを残す