帰ってきたお酒日誌「間食を増やそう」(2018/05/29)

禁酒でも断酒でも節酒でもなく、とにかく、コントローラブルにお酒と付き合うために、記録をつけることにしました。なので「日誌」です。
アルコールのドリンク数計算器を自分用に作りました。

ドリンク数:8.56

夕方と夜と2回に分けて飲んだ感じなので、実は酩酊とかはしていません。夜の瞑想とかもしていますし(その後に飲んだわけです)。

ただ、翌日、低血糖症のような症状がでまして。以前は、これは「貧血」だと思っていたのですが、どうやら低血糖症の症状らしいです。(食後のひどい眠気や空腹時の発汗・震え・動悸・目眩。ひどいときには失神も。)

ここ10年くらい、食事で糖分はあまりとらない感じなのですが、炭水化物とアルコールが絡むと血糖値が乱高下するようなのです(もちろん個人差があります)。なんでも、アルコールが入ると上がった血糖値を下げすぎてしまうのだとか。また、空腹が続くのも良くないようです。

私のように、食事回数が少なく、量もどか食いするわけではないけれど、お酒をよく飲む場合は具合がよろしくないようです。(激しい運動をすることでカロリーや栄養不足になっている可能性も。)

どうやら、私の場合は、間食を多くしておいたほうが良いようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す