昼日記「スペシャルパターンが見えてきたかもしれない」

昼まできてしまえばこっちのものです(?)。

あとは多少雑に過ごしても、もうすでに成し遂げているので、焦る必要はありません。

おそらく、この「あとは適当に過ごしても大丈夫なんやで!」という緩さが、あらたなクリエイティブを生むような気がします。

「じゃあ、動画とって編集しようか」とか、「もう少し追加で筋トレしておいたほうがスイムも楽しめるかな?」とか、「いまこそ新スキルを習得するタイミングでしょう」とか思うわけです。気持ちの余裕の為せる発想だと思います。

とはいえ、一応、夜にもルーティンはあるので、そこを意識することで、完全に崩れることを防いでいます。だってこれから作業依頼が入る可能性もありますからね。

それに、ポイントは昼下がりではなく、夕方です。だいたい、ここに仕事のピークが来るのです。

午前中あたりからじわりと成果物を確認して、昼あたりから修正がきて、それに対応して、また調整して・・・という感じで、チェック者のドライブがかかるのが夕方なんですね。

そういうわけで、午前中は自分の時間にがっつりあててしまって、昼から様子をみながら、作業が発生すれば対応するし、疲れているのなら一回仮眠をしておいて、日没あたりにドライブをかけられるようにしておくと「待ち仕事」ではなくなります。これは自宅作業の強みです。

さあ、これから土日です。

この週末も同じようにこなせれば、自分に合ったなかなかよいパターンの可能性が非常に高くなります。持続可能で無理がなく、生産性も高くて、満足度も高いというスペシャルパターンになる可能性があります。

ちょっとワクワクしてきましたね。試行錯誤を繰り返してきてよかったです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す