昼日記「また朝活をはじめようと思う」

今日と明日は千葉マスターズがあるのですが、棄権しようと思います。理由は食あたりによる体調不良です。なんとも情けない限りですが、無理にレース出場して、月曜に出社できないということがあってはいけませんので、しょうがありません。

こう見えて、そろそろ引き抜きの話も出ているので、もっと真面目に、本業を見据えたエネルギッシュな生活を送りたいと考えています。

本業とは、何も会社の仕事だけを言っているのではありません。生きていくためにする仕事のことです。そこには業務をこなすだけでなく、スキルアップや知見を広げるといった自分の成長も含めます。

まあ、ここにきて、やばいと思いだしたというか、うちに秘めた何かが燃え始めたというか、そんなところです。すぐに消えてしまうかもしれませんが。

スポンサーリンク

やはり朝活をしよう

会社が好きというわけでも、会社で作業をやると効率がいいというわけでもありません。しかし、そばのジムで汗を流すのであれば、もう会社がどうであっても関係が無くなります。それに何より勤怠が安定します。

問題は、すでに今の時間が遅めのほうのオプピークの時間帯であって、ピークを避けるには、いつもの時間から2時間くらい早く家をでなくてはいけないということです。具体的には家を出るのが6時ごろになるでしょうか。自宅での朝ルーティンを考慮すると5時起き必須です。

私の場合、7時間半程度の睡眠を確保しないと疲れがどんどん溜まってしまうので(寝付きが良くなればもっと短縮できるでしょうが、ベッドに入って目覚ましをセットしてからの計測値の平均でそうなっています)、21時半の就寝が求められます。

以前、検証した際に「この21時半の就寝は如何にも非現実的だ」という結論に達して、朝活は諦めたのですが、逆に21時半の就寝さえ守れれば、およそ全ての艱難を廃したことになるのではないかとも思うのです。

21時半に就寝ができたということは・・・

残業をしていない

18時半が定時であり、帰るのに1時間半かかるので、定時ダッシュしても20時帰宅になります。残業をしてもMAX1時間といったところです。

ちなみにこの残業時間自体は現実的です。現在、残業をしないと仕事が回らないという立場にはいません。

夜に活動をしていない

就寝までに絶対に必要な30分を引くと、夜の猶予は1時間くらいしかありません。

定時ダッシュでジムに向かえば少し泳げるかもしれませんし、定時ダッシュで居酒屋にいけば一人呑みくらいはできるかもしれません。でも、その程度です。

軸足は完全に朝にあります。

勤怠が安定する

21時半に寝て5時に起きれば7時間半睡眠です。しかしながら、最悪7時半に起きれば定時出社に普通に間に合います。

つまり、朝に2時間半の猶予があるのです。通常ならば2時間半の遅刻になるところが、定時出社となるわけです。

朝活のバリエーション

朝活といっても、夜にやっていることを朝に持ってくるだけのことで、そこで仕事をしようというわけではありません。もちろん、イレギュラーに残業の代わりに早出にすることは認められていますし、仕事と自己研鑽の中間のものをやっても構いませんが、体調と気分に合わせたバリエーションを予めリストとして持っておくことは非常に有用です。

トレッドミル

会社の近くのエニタイムフィットネスで走るというのが、まずはひとつの選択肢です。

これで朝スッキリできますし、心置きなくデスクワークに励めるというものです。

もちろん2時間半全てをジムに使わなくてもいいわけです。

動画編集

手弁当動画の編集をすることもできます。自宅マシンをリモート操作することになるので多少のやりにくさはありますが、それでも大きなストレスを抱えるほどではありません。

お絵描き練習

会社にはペンタブがあり、マシンにはSAIとCCが入っています。

ポーマニやらニッセンで練習をしてもいいですし、クロッキー帳を持ち込んで、アナログ練習でも構いません。

ブログ更新

きっちり朝日記を書くのもありです。これはトレッドミルとセットで毎日やるのがいいのではないでしょうか。

他にも複数のブログがありますので、これでおざなりも解消ですね?

仕事

不本意ではありますが、残業をするくらいならこの時間に「早出」でやりましょう。残業でやるよりもミスをする確率が下がるでしょうし、短時間で終わらせることができるはずです。

朝活のデメリットの補填

朝活をしたからといって持ち時間が増えるというわけではありません。朝活にすることにより、夜にできたことができなくなったりします。そのケアを忘れるとデメリットばかりが目についてしまうことにもなりかねません。

水泳

いつもの水曜のマスターズの練習には時間的にいけなくなります。いままでもそんなに行っていたわけではないですが、マスターズの時間が21時から22時と時間が遅いため、確実にいけなくなります。

また、自主練をするにしても、平日の夜には30分くらいしか時間をかけることができません。

そのため、土日のマスターズのクラスを探すのがいいかもしれません。土日ですから少し遠い支店であっても時間的には可能です。都内だって視野に入ります。探しておきましょう。

アニメ視聴

平日の視聴は難しいところです。一日一本が限界でしょう。

あとは休日にまとめて見ることになるのではないかと思います。

アニメはながら見ではなくて、しっかり大きなテレビの前に座って視聴したいので、量が増えてきたら自ずと数も減るというところで、少し我慢です。

食事

いままで朝ごはんは抜いていて、夜ご飯は食べたり食べなかったりしていたわけですが、これからは夜ご飯は確実に抜かないと駄目でしょう。場合によっては夕ご飯になるのかもしれません。

朝に運動がくるとなると、その後に朝ごはんを食べるのが良いかと思います。その分、昼ごはんが遅くなります。つまり、会社には2食分のご飯を持っていくことになります。おにぎり大活躍の予感です。

慣らし方

この場合、少しずつやるのは逆効果だと思っています。変えるのは一気に劇的に変えます。

ただし、当然ながら最初のころは順応できないので、朝活の内容そのものは薄くします。劇的に変えはしますが、それは睡眠サイクルだけに限ります。

最初は、デスクワークをしても、朝活は大丈夫でも、昼くらいには仕事がつらくなるかもしれません。これでは続かなくなってしまうので、運動のほうがいいと思います。

幸い、私は毎日5キロ~10キロくらい走っても体力的には平気なことは分かっているので、朝ゆっくりのペースで1時間くらい走ることにしましょう。なんならウォーキングでも構いません。昼くらいに凄まじい睡魔がくるような運動強度は避けましょう。

そして、夜は極力なにもしません。帰ったらお風呂入って、お弁当の準備して、ストレッチして寝るくらいの感じです。21時半の布団INが成否を決めます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

コメントを残す