映画「君の名は。」を見てきた

実は新海監督は得意ではないのです。

ちなみに「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」のDVDを持っていますが、やはり得意ではないのです。

監督のすれ違い芸(?)というのがすごくもやもやしてしまって、切ないのも好んでは感じたくないので、いいとか悪いとかそういうことではなく、「得意ではない」という感じなのです。

そんなわけで、大ヒットと言われるまで敬遠をしていたのですが、社長も「見た」と年始のキックオフミーティングでドヤ顔でいうものだから、見てきました。

監督の独特のクセは結構洗い流されている感じがありました。「うわぁ」と思うところはなかったので、こなれてきた感じがあります。焦らしもほどほどで、これはウケると思いました。

でもやっぱり、すれ違いの切なさは、苦手です。

きれいにおさまったのは監督らしからぬ結末で、わりと監督も頑張ったのかなと思いました。

そういえば、映画を見に行ったと言っていた同僚の感想が「女の子が“たきくん!”って叫んでいるというのしか覚えていない」でした。実はこれ、結構、良い感想なのではないかと見終わったあとに思いました。

色々得意ではないだけで、いい映画だとは思います。DVDはどうしようかなぁ・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す