運動して自炊する独身おじさんが健康で文化的な生活を送るために外せない5つの消耗品

購入履歴を引っ張り出して探している商品ならば、自分のサイトでピックアップしておくのも悪くないかなと思ったので展開させていただきます。

スポンサーリンク

黒のベアフットシューズ

ベアフットとは裸足という意味。要はペラッペラのシューズです。このテスラのシューズの靴底はなんと2mm。

点字ブロックの上を歩いていると、まるで足裏マッサージを受けているようです。

靴を使い捨て扱いしていることに違和感を感じた人もいるかもしれませんが、恐らく500キロも走れば替えどきになると思うので、この靴だけでジョギングをしていたら半年ももちません。

有名な商品だとペラいサンダルに2万というのもざらなのですが(ルナサンダルとか)、そこまで潤沢な資金もなく、履きつぶすのにそのお金は出せないので、3千円というこの価格は魅力です。

正確には黒ではなく、紺色ですが、リュックを背負うようなちょっとラフな通勤スタイルをとっているのであれば、合わせることができるので、走りと歩きを混ぜるような1駅ジョグみたいなシーンにも対応できます。

柔らかくコンパクトになるので持ち運びでかさばらず、ジムの内履きとしても活躍中です。ジムの内履きには少し派手な色をチョイスしています。

糖質オフの野菜ジュース

糖質オフということにこだわっているわけではないのですが、栄養を補給しようというときに甘さが邪魔なのでこちらを定期購入しています。

青汁とは一線を画する商品で、さらっとうすくてセロリが香る飲みくちでごくごくいけます。

あまいトマトジュース

野菜ジュースと違って、こちらはエネルギー確保目当てです。ガツンとくる甘みが朝に効きます。

このあまいトマトとさらっとした野菜ジュースを飲み分けるのが私流です。メリハリがついて飲み飽きません。

衣類の消臭剤

洗濯柔軟剤ではなく、そこにさらにプラスして入れるビーズタイプの消臭剤です。

ジムで試供品としてもらったのがきっかけですが、そのときは香りが強すぎて気持ち悪くなるほどでした。

ただ、量を調整すれば、おっさんの汗の臭いを緩和するのにベストともいえる香りで、クセになります。

いまはもうクセになってしまったので平気ですが、タオルに使うと顔を拭いたときにむせるくらいには強烈な香りで、家族で使うにはちょっと厳しいかもしれません。ただ、運動をしたときに汗を拭くタオルであれば、このくらいの香りがあるといい感じに消臭されます。

ハイサワー レモン

禁酒のお供です。

はじめはハイボールの割り材として使っていた微炭酸のレモン水を愛用していたのですが、こちらの強い炭酸と強い酸味がお酒を欲している喉を満足させてくれると聞き、それ以来ハイペースで消費しています。1~2日で1本なくなります。

最後に

健康に関係があっても文化的かどうかはちょっと微妙な気もしますが、私の知的レベルであればこのようなものが文化的であるということで、ご容赦いただきたく存じます。

敢えて文化的なものをあげるなら、無印のボールペンとライフのノートですかね。

なぜか無印のボールペンもAmazonにありましたが、マーケットプレイスのボッタクリ価格だったので、貼るのはやめておきます。(なぜ10本3000円もするのか。1本100円なのに。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

コメントを残す