お酒をやめずに健康かつクリエイティブになる方法

KIMG0050

世の自己実現の書籍たちはいう「お酒が入ると思考ができない。お酒はやめるべきだ。」と。

そして私は思いました。「いやいやいやいや、千葉都民として少なくない通勤時間をかけて行って帰って自宅に戻ったら、お酒を楽しみたいじゃないですか。毎日飲みたいよ!」と。

あれは著者たちの幸せ基準だ!

お酒我慢してクリエイティブになるなんてことを選んだのは著者の話であって、私はもう少しお酒のウエイトが大きいのです。

「お風呂は心の洗濯よ!」という名言がありますが、私からすればお風呂は身体の洗浄です。私の心の染み抜きは適量のお酒です。

朝型にして夜はすぐ寝る生活にすれば解決

朝にクリエイティブなことや頭を使うことをしたらいいのであれば、早起きしてそれらをやったらいいと思うのです。つまり、朝活というやつです。

そして、夜はお酒を飲みながらでもできるような家事とかやったらいいと思うのです。

朝活するときは5:20に起きているのですが、そうすると夜は家に帰ってきて2時間くらいで寝ないといけません。22時半くらいに布団INです。

この時間に寝ることに抵抗がなくなれば、帰ってすぐ飲み始めても大したことはありません。それにやりたいことは朝に片付いています。ちょっと落書きしたり、歌を歌ったり、アニメを見るくらいならお酒が入っても楽しくできます。

「ほらー。お酒を辞める必要なんてないじゃないですかー。」というのが私の結論です。

もちろん人による

私は飲み過ぎなければ翌日お酒が残ったりしないので成立していますが、ちょっと酒の量が増えてきたら自粛します。

さすがに「何が何でも毎日飲まなければやってられない!」という方針ではなく、いい感じの息抜きのレベルを超えたら、生活自体を見なおすべきだと思います。お酒を規制するというよりも、飲まずにおれないその状況を生み出している原因を探るという感じです。

なので、これは私だけのやりかたです。

自分で自分のいい感じのラインを自分自身で探らないとダメということです。

ちょっと聞きかじって適当に真似して、失敗したら人のせいにしているうちは何の進歩もありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す