死ぬまでにやること日記(2015/11/24)

Fotolia_324270_Lやりたいことを並べるだけでは意味がありません。実現するためには何が必要なのかまで落とし込んで、実現するための努力をしなくてはいけません。

スポンサーリンク

必要なこと

タフな身体が必要

僻地に旅行に行ったり、日本記録目指したり、半端な体力では楽しめない項目が連なっています。
マッチョではなく、しなやかでタフという持久力系の力強さを求められています。もちろん水泳の能力を高めなくてはいけないので、肩の筋力と柔軟性も必要です。

コミュニケーション能力が必要

彼女つくったり、結婚したりとパートナーを必要とするものもそうですが、僻地の旅行の段取りもコミュニケーションが必要となります。片言の英語も喋れずに南米に単身で乗り込むのは、なかなか危険です。
言葉を覚えるのもそうですが、コミュニケーションを楽しまなくてもいいので、コミュニケーションに苦労しないようなスキルを身につける必要があります。

どう考えてもお金が必要

何をするにもお金が必要です。料亭やホテル、あるいはファーストクラスというお金を使ってサービスを楽しむことを目的とした項目も多くあります。
自分が好きで得意なものを、人に役立つように変換することでマネタイズをはかるという方法くらいしか、いい感じにお金を稼ぐ方法が思いつきません。「人に役立つように変換」というところがみそで、自分の好きなことばかりを極めても全くお金になりません。「人に役立つように変換」するには発想が必要で、発想を得るには勉強が必要です。

どう考えても時間が必要

日々の雑用に忙殺されているようでは実現が難しい項目ばかりです。仕事に使う時間を減らしながらも、時間単価をあげる必要があります。隙間の時間を使うという発想ではなく、仕事の時間自体を短くしていくという発想が必要です。
そのためにはサラリーマンであり続けることは難しいと思われます。

これを踏まえて今できること

タフな身体をつくる

お金もないので、しょうがなく毎日自宅の周りを走っています。
体重は減らしたくないので、体脂肪率だけ10%くらいになれば最高だと思います。
プールにいけなくとも、肩の筋肉と柔軟は欠かさないようにします。

語学の勉強をする

お金もないので、まずはCDを使って繰り返し覚える英会話を毎日少しずつやっていきます。
まずは日常会話のサンプルをまる覚えです。

借金を返す

何をするにもまずは借金があってはいけないので、うつ病で休職したときに借りた生活費を返していくことにします。借金が増えまくって死にそうなので、それならばもう死ぬ気で減らします。また気合いを入れなおして頑張ります。
とはいえ、締め過ぎるとリバウンドが出るので、持続可能な節約生活をします。

IT講義コンテンツをつくる

アドセンスの収入は1日10円とかなので、あてにできません。PVも増える気がしません。
ITの講義コンテンツを作って、いい感じになるまで何度も作りなおして、コンテンツ自体を売れるようにしたいと思います。これも毎日するべきでしょう。収入に繋がるコンテンツをまずはつくる必要があります。

残業をしない

定時にあがります。うつ病のおかげで定時にあがるというスタンスが定着しているので、これを上手に使って、今後も残業を極力減らすようにします。

更に具体的に

朝のデイリールーティン

  • モーニングノート
  • 読経
  • 瞑想
  • 入浴
  • 弁当用意

夜のデイリールーティン

  • ジョギング
  • 筋トレ
  • 英語(例文暗記)
  • ピアノ
  • お絵描き(糞絵)
  • 講座作成(ラーニング)
  • 弁当準備(洗浄・仕込み含む)
  • 洗濯(運動して汗をかくので量にかかわらず毎日)
  • 翌日のToDoリスト作成
結構きついでござる。借金が地味に切なくて精神的にきます。金利を払うために生きているのではないかと錯覚するほどです。適当に息抜きをしてリバウンドがこないように計画的に進めていきます。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

コメントを残す