うつ病ブログなんてブレイクするワケがない

サラリーマンうつ病リハビリ記という私が作っているブログの話です。

うつはマイノリティ

うつ病ブログはうつな人にはニーズがあるかも知れないですが、うつの人がそんなにアクティブに行動できるわけがありません。そもそも病気がメジャーになったところで、世の中でうつの人はマイノリティです。

そもそも、そのうつを脱出するためのものなので、いつまで経ってもお客さんではブログの目的としても困るわけです。

オフ会を開いたとして、どこの心療内科ですかという状況になります。いやです。そんなオフ会(笑)。
そもそもそんなにアクティブではないので集まらないはずです。

うつリハビリブログの進捗

開設は8/8で、投稿がすでに40を超えているので、どれだけエントリーを打ち込んだんだという量にはなっています。

ページビューは低空飛行状態ではあるのは気にしていないのですが、先述の通り、これがどこかに取り上げられて爆発アクセスなんてことは、ブログの特性上無いかと思います。ダークサイドですからね。

ただ、「誰かの助けになるため」のブログなので、ブロガーとしての収益を得られなかったとしても、それはそれでいいのです。

「ボクが苦労したうつについての所感は全部書いたなー」と思ったらアーカイブですよ。10年経っても役に立つはずですから。

主軸は別に作ろうか

うつブログを主軸にしていては、なんというか・・・人生が後ろ向きな感じがするのです。
題材が輝かしい未来のためのサムシングじゃないですよね(笑)。

本当に楽しい何かのためのブログではなくてはいけないし、少なくとも自分が見返して役立つものでなくては意味がないので、その辺り、考えて行こうと思います。

判定基準のひとつとして「オフ会やったら楽しそう」なブログをつくりたいです。
IT技術の勉強会みたいになっても構わないし、食べ歩きになっても料理教室みたいになっても、カラオケレッスンになっても、マスターズスイミングの練習みたいになっても・・・とにかく楽しいオフ会ができそうなブログをひとつつくります。

そのあたりの模索は別のエントリーで。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク