出不精を治したいが

出不精どころか引きこもりに近い感じではあるのだけど、出不精を治したいからといって、いきなり朝から昼からお天道様があるうちから、人ごみの中をどんどん出かけていくというのは、まず無理じゃないでしょうかね。無理しすぎて、反動がくると思うのです。

そもそも、人ごみで酔うくらいですからね。行楽日和とか勘弁してください。晴れた日は、掃除して、洗濯して・・・ですよ。

土日は土日で競馬場が近いし、駅にも近いので、外に出るなんてハードル高すぎると思うのです。24時間スーパーもあるし、目の前はバス通りだし・・・と、少なくとも閑静な住宅街とは言いがたいので、夜にこっそり出歩くところからでもいいんじゃないでしょうか。

このあたりが、睡眠時間帯がおかしくなっているのと関連しているような気がしますね。外に出れない昼間は眠くなり、外に出やすい夜は目が冴える・・・というわけです。「というわけです」なんて言っている場合ではありません。なんとかして「一応、会社にはちゃんといけるようになりました」という感じにしないと次に進めません。

第一段階:ちょっとでもいいので、毎日外に出る

なんともかわいそうな目標設定ですが、確実にできることから始めます。マンションの敷地から少しでもいいので出ましょう。マンションの前の歩道に出て戻ってくるだけでもいいのです。

第二段階:平日は毎日おでかけする

「おでかけ」というとちょっと大げさですが、買い物だかプールだか図書館だか公園だか、どこでもいいのですが、目的地を設定して出かけます。すいているときにちょろっと出かける感じで構いません。

第三段階:平日の通勤時間帯に最寄り駅までいく

第二段階のお出かけに加えて、疑似通勤をしてみます。朝ごはんを食べて、Yシャツ着て、革靴を履いて出かけるのがポイントです。

第三段階を実行中に「あ。ちょっときついかも。」と思ったら第二段階に戻りましょう。無理に継続すると全く外に出れないなんてことになりかねないので、ここで気合いと根性は要らないです。作業とか筋トレとかでは気合いと根性を多少発揮したいところですが、出不精についてはイメージが大切なので無理はしないように。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク