生活サイクルのチューニング順調

昨日(9/2 月曜)は、朝8時過ぎに家をでて、電車遅延の中、なんとか9時半前に到着して全社朝礼に間に合うことができた。土曜日にやったフットサルの影響で、下半身の筋肉痛がひどく、実は3日経った今でも動きに制限が出る程度には厳しい。なにごとにも限度というものが必要・・・。

さて、生活サイクルというか睡眠のタイミングは、すこぶる順調。23時すぎたあたりに布団に潜り込み、7時くらいには起きている。さすがにフットサル当日は22時すぎに寝たのにも関わらず9時まで寝てしまったが、筋肉痛を治すために体がホルモンを欲するので、大量の睡眠を要求したということでかなり正常な反応だと思っている。

お昼寝は引っ越しのバイトをしていたときにもあったので、身体を鍛えるというところから考えると、お昼寝は必要になってくるのかもしれない。「お昼寝は必要なもの」として、社会生活をするにあたってもうまく組み入れていきたい。90分以内のお昼寝であれば、夜の睡眠には影響がほとんどでないのと、15分眠るだけでもかなり違うことを考え合わせると、ランチタイム内にシエスタを組み入れることも可能かもしれない。そもそも、会社に行くようになったら激しい運動をするのは夜になるから、夜の睡眠時間を延長することで何とかなるのかもしれない。

あとは、一日のピークをどこにもってくるかということにも着目したい。

朝、会社に行くのに削られるというのであれば、朝にピークをもってきたいところである。そのために、朝の10時から営業する近くのジムに開店一番にいって、昼まで泳ぐというという作戦をとってみたい。今日はまだまだ筋肉痛であることと、定休日なので運動は控えておく。筋肉痛なので身体が睡眠を求めるのは変わらないので、特に影響はないはず。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク